スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
エスカルゴ
2008 / 12 / 26 ( Fri )
今日はまだ、ボラボラでは25日です。
そんなわけで、メリークリスマス!

クリスマスイブの昨日の夜は、サイレントナイトで旦那と二人で夕飯を食べました。

日本人が正月にはコレを食べなければ・・・
というのがあるように、フランス人にもそういうのがあって、

『フォアグラ』
『生カキ』
『エスカルゴ』
がクリスマスの食事の前菜の定番で、これをシャンペンを飲みながらいただく・・・というもの。

南の島に住むようになって早9年!寒い冬のヨーロッパのクリスマスは縁遠くなったといえども、旦那にとってはせめて、食でクリスマスを感じたいようです。

クリスマス用の食材の買い物を旦那に頼むと、上記の3点を探しに出かけるのですが、今年、ボラボラ島の場合は、件のチンリー(ぼったくりスーパーマーケット)では高値の花(高嶺の花)。さすがに全部は手が出ず、せめて・・・というので、一番値段の低かった冷凍の 『エスカルゴ』 を買って帰ってきました。

noel.jpg

昨日写真を撮るのを忘れたので残った殻ですが、この中に 

『でんでんむし』 
『バター』 
『パセリ』 

が詰まっていて、これをオーブンで焼いて食べました。

つのも縮こまってるので、『でんでんむし』 を食べてる感じはないです。
『タニシ』を食べてる、そんな感覚かな~。



ちなみに最近はフランス本土でも簡単な冷凍食品を買っている家庭が殆どです。
エスカルゴはおおぶりのポーランド産が多いそうです。



いい子にしてたから、クリックお願い!
メリークリスマス!
TRT
よろしくどうぞ!




ニュースだよ!全員集合!


私のご贔屓ブログ 『ときどき写真日和』 のメトロンさんの流星痕の写真が外国の教科書に載りました。
メトロンさん!功績が称えられてよかったですね!
おめでとうございました~!

スポンサーサイト
15 : 30 | 日記 | トラックバック(1) | コメント(16) | page top↑
フレンチな米
2008 / 12 / 21 ( Sun )
お米は 『炊く』 もの。これが万国共通の米の調理法だと思っていました。
ところがフランスでは米は 『茹でる』 ・・・、のだったということが、フランス人の家に嫁いだ時に知って、びっくりしました。

パスタを茹でる感覚です。
茹で上がった米は、やはりパスタのようにザルに上げて水切りをします。
米は茹でられると、米同士がくっつきあわないパラッとタイプに仕上がり、軽い感じがします。
これがフランス人の望ましい 『ご飯』 の調理法なのです。


先日、フランス人の友人にお米を買ってきてもらいました。
ここんとこ忙しい私にぴったりな、簡単に茹でられる米、だと渡されたのがコレです。
私は好きでないんだな~、この米が・・・。がっかり・・・。

uncle bens 7
              アンクル・ベンの特選長粒米


『米同士がくっつき合わないパラッとした米!』 というのがセールスポイントのこの人気メーカー。
それの袋のままで簡単に茹でれるタイプのものを買ってきてくれました。

米が欲しいかソラやるぞ~



作り方・・・
uncle bens 3

1 沸騰させた湯の中に・・・
2 袋を丸ごとどっぷりと・・・
  
  10分間待つんだぞ!

3 フォークでサッと引き上げて・・・
4 切り口開いて中出して・・・
5 パラパラパラ・・・

  くっつかない米ができました!



この素晴らしい商品を考えたおっさん、アンクル・ベンでございます。
明日を見る目が輝いてるでしょ!

『いつでも成功を!』を唱えるおっさん




ところで、日本のお米でも茹でるとパラパラしたご飯ができるのでしょうか?
誰か試して下さーい!



もういくつ寝ると~クリスマスだね!
TRT

年忘れのクリック一発!よろしくどうぞ~!


17 : 17 | フレンチな話題 | トラックバック(0) | コメント(15) | page top↑
愛称
2008 / 12 / 16 ( Tue )
今日は夫婦の話・・・。

欧米人のカップルや夫婦はお互いのことを愛称で呼び合ったりします。
『ハニー』 とか 『ダーリン』 とか映画とかで聞いたことあると思いますけど・・・。

フランス人の場合は
『シェリー』 = ダーリン
『モナムール』 = 僕の愛する人

などを始め、

『モンラパン』  = 僕のうさぎちゃん
『マビッシュ』  = 私の鹿ちゃん
『マシュ』     = キャベツちゃん

・・・などといいます。


うちの旦那の場合、家族が愛称で呼ぶ習慣がなかったので、私に対しても愛称で呼ぶことはありませんでした。ところがある日、たった一度だけ呼ばれたことがあります。

ある年の記念日にレストランで・・・、

「メニューはもう決まった?」

とまずはフランス語で、そしてその後に日本語で

「ボク ノ カワイイ クロイウマ」

「僕のかわいい黒い馬」と呼ばれたんです。

『黒い馬』 ク・ロ・イ・ウ・マ ですよー!!!!
私、唖然としました。

『馬』って日本だと、『馬ずら』 とかってイメージがあって、
アントニオ猪木、ジャイアント馬場、アゴ勇む・・・とか連想しませんか?
かわいくないじゃないですか?

でも旦那は、フランス人にとって馬は好感が持てて、いいイメージがあり、私の髪が黒いことから、

「君は僕の可愛い黒い馬」なんだそうです。

・・・と得意気にいわれたけど、そんな風に呼ばれてる人聞いたことないし・・・。
黒い馬はね・・・。 やっぱり、いや・・・。

干草でも注文しろっていうんか~。
なんて気分でした。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

昨日撮った写真
追跡

大家族なボラボラ島の一家。フランスパンもたくさん必要のようです。
トラックの後ろにご注目!
bora 3 1


蚊の多い季節になりました。
あっち、かいかい、こっち、かいかい・・・。
蚊との戦い、応援願います。
まずはココをクリックしてね!

ランキングに参加してます~!
18 : 24 | フレンチな話題 | トラックバック(0) | コメント(11) | page top↑
つけ払い
2008 / 12 / 11 ( Thu )

ボラボラ人たちの家庭のエンゲル係数が高いのは、2大独占スーパーの仕業です。

その中でも 『チンリー』 という町の中のスーパーは、1平方メートルの売上高が、ヨーロッパのフランスと世界各地にあるフランス領の中で一番!だというから驚きです。

ま、実際、商品の値段からいえば驚きはしないけど・・・。

ボラボラ島の物価が高いのは、この2つのスーパーの社長が価格協定を結んでいるためで、
つまり、この人たちが物価を高めているわけで・・・。

社長さん、あなたは偉大な人なわけで・・・。

ってギャグってる場合でなくて、腹が立つわけで・・・。


ところが、ある日、買い物しようと町まで、出かけたら、財布を忘れた、ゆかいなうちの旦那さん。
でもみんなに笑われず、子犬にも笑われず、ルールル、ルルルー。
お目当ての牛乳を持ってうちに帰ってきました。

なんと 『チンリー』 で、つけで買ってきた、のだそうです。
今時、スーパーでつけ払いができるなんて・・・。
三河屋さんもびっくりです。

今日日、日本のスーパーでつけ払いってありますか?

やっぱり社長さんは偉大なわけで・・・???


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


今日のため息スポット
パラダイス
ボラボラ島の南西にあるホテル『パールビーチリゾート』
水上コテージのお部屋がナイスそう。私は遠目に見てるだけ・・・。


こんなん毎日見てるだけって、うーっ、つらい!
そんな私に清きワンクリックよろしくどうぞ!
↓ 
クリックでハッピークリスマス!  
もうすぐクリスマスだね!
 


18 : 35 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
も一度、ボラリアンガールズ
2008 / 12 / 05 ( Fri )
前回登場のボラリアンガールズ。
今日ももう少しその話題です。

vahine

一見疲れてるように見える、ボラリアンガールですが、エッチな話題になると底抜けに元気になります。人のことも興味深深。うわさ話も大好きです。こんなボラリアンガールズに捕まると半日はパーになります。




ブログ書くからもう勘弁して~!
こんな私に同情、どうじょ!
ランキングに参加してます~!

クリック一発、元気が出ます。
よろしくどうじょ!
15 : 40 | ボラボラの人 | トラックバック(0) | コメント(17) | page top↑
ボラリアンガールズ
2008 / 12 / 01 ( Mon )

ボラボラの人・・・つまり、フレンチポリネシアの人はというのは、おおがらで皮下脂肪が厚い人が多いです。肌の色は、黄色がかった薄茶色・・・、印象派画家のポール・ゴーギャンが描いた 『タヒチの女』 まさにそんな感じです。

私は南の島での生活はこれで3つ目です。島の人に共通するのは 『ゆるすぎる性格』 なところ。時間の感覚が違いすぎます。
例えば・・・、

「すぐ行きます」といわれたら「今週中に行けたら行きます。」のこと。

「今週中には・・・」といわれたら「来週でもいいよね。」ということ。

「もうすぐ・・・」というのは「1~2ヶ月ぐらい先」のこと。


陽気な人が多いことも南の島の人たちの特徴です。気候のせいでしょうね、きっと。

さらに、エッチな話題につきない・・・のも特徴です。たいした娯楽がないせいか?!そんな話でよく盛り上がってます。

私が出会ったボラリアンガールズ・・・。バヤ、モエ、、マエ。 
こちらも口を開けばそんな話題。話を振られないように望むばかりですが、今日もまた・・・。
かなり露骨なボラリアンガールズです。


vahine


ランキングに参加してます~! 

これ、クリックしてくださーい。
上に参りまーす。
ブログランキングでございまーす。

18 : 55 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。